空飛ぶヒヨコ -教育専業ママの娘は教育ワーママになれるか-

2017年5月に長男を出産、現在は育休中。働きながら子育てしていくために、ゆるりと幼児教育について検討・実践した内容を綴っています。

娘だった私からのアドバイス

こんばんは、スコママです。


まだまだ実家生活を満喫中です。

ただ実家はローテーブルで食事をするため、スコタロウが起きている時の食事は大変… 

つかまり立ちをして、いたずらできるものを探し続けています。

ダイニングテーブルは楽です。


さて。

スコママの母から、昔の私に言われたことを伝えられました。

それがちょっと面白かったので書いてみます。

ちなみにスコママと弟は6歳差です。


弟が小さい頃のこと。

スコママ母はあまり怒らなかったそうです。2人目の余裕ってやつですかね。

「いずれできるようになるからいいのよ‼」と言った母に対して、

小学生のスコママは、

『いずれできるじゃなくて、その時ちゃんと理解してできることが必要でしょう⁉

ちゃんとできるようにしてあげなきゃだめでしょう。』って、真顔で母に注意したそう。。


それから弟が小学校高学年、スコママが高校生のとき。

「弟ちゃんがいい子だから」って言った母に、

『いい子いい子どうでもいい子になっちゃうよ‼』

ってスコママは言ったそうです。


生意気な娘ですね!笑 

母はなるほど、と心に響いたと言ってくれました。

スコタロウがこれから成長するにつれ、娘だった私の言葉にグサっときそうですが、母のように素直に受け止めたいと思いました。

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村